知ってると便利の主婦でも借りれるキャッシングの2016年度栞から、即日や低金利、銀行ローンもある主婦でも安心大手キャッシングサービスの一覧はこちら!

主婦が審査を通過するには

ますは、主婦でも審査に通れるかチェックチェック

主婦がの方がまず気になるのは審査だと思いますが、現在未収入の奥様がカードを所持しようとした時、カードローンの審査が不合格になりやすいのが現状の状況です。その理由の一つは、収入源が不確かだと言う事が原因です。毎月安定した収入が確保出来ていると言う事、殆どの公務員や大企業の社員ならばローンの申請は簡単に通ります。しかし、主婦の場合は、収入が無いと言う事は、ローンの返済が出来ない事が原因なのです。その様な理由に拠ってカードローンの審査には受かりにくいのです。収入が低くてもパートやバイトなどで働いている方には、働いている収入で払える額であるならば審査に受かる場合も多々ありますが、必ず申し込む前に確かめて下さい。

 

しかし現在、低額のカードローンだけですが、女性専用のローンを開始している会社もあり、その様な所を選べば審査に受かり易いと思います。女性専用のローンの場合、審査で評価される事項はパートナーの勤務先、あるいは月収の額がとても重要な項目になります。返済可能な人の収入の額を審査されるのはあたりまえです。審査に受かる人の多くは、パートナーの勤務先が安定している、たとえば公務員や大企業などの社会的信用が高ければ高い企業であれば審査に通る可能性が高いです。この様な理由で、パートナーの許可が必須となるケースがあるので、その様な事を考えると利用する場合に、ハードルが高いと思い自分は審査に通らないだろうと、考える人が多いです。

 

しかし、最近銀行のカードローンを所持していれば、総量規制の範囲外にあるため、審査の時に主婦でも身分証だけ提出すればで審査に通る場合もあります。この場合、収入を得ているパートナーの 含意がなくても、借りる人の返済能力があれば、申請は可能になります。また、銀行のカードローンの中には、返済能力が低い専業の主婦向けに出来ている低価格でのローンの枠を作っています。ですから、低収入又は無収入の主婦にとても申し込みをやすいローンと言えるのです。

 

申請する方法ですが、いとも簡単で、尚且つ電話での申し込みも出来、短時間での審査によってすぐに分かります。結果、負った場合の人には、ネットバンク等で申請した方の希望している金融機関に希望額を 提案してくれます。なお、申請の際にはネット口座を作る事をお勧めします。なぜならインターネットバンクに口座があるととても便利ですから。ネット銀行はスピーディーな支払いが出来るからです。、Webでの申し込みも出来ますからとても便利です。

 

電話がちょっと苦手という人に人気の申し込み方法といえます。申請時も最低限の申請書ですみます。もし審査に合格した場合は、すぐに提供してくれます。返済も多種な方法がありますから、本人に負担の無い様に選べる事が出来るのも助かります。インターネット銀行からでも、即日振り込んで返済期日に間に合うことが出来るのです。簡単ですね。スマートフォンからも簡単にアクセスする事ができるため、最近では、多くの人が外出先から必要なお金を申し込んでるのが現状です。

主婦が借りれる限度額については

次に、主婦の限度額を確認してっと書類書類

次に気になるのが限度額、つまりいくら借りれるのかということですよね。主婦の中でもパートやアルバイトをして収入を得ている人達だけが、消費者金融のカードローンに 申し込みが出来るのですが、仕事をしていない主婦は申し込む事も出来なくなってしまいました。しかし消費者金融においては、貸金業法の管理下に属してると言う由来で、総量規制の標的 になります。この様な理由で主婦の申し込みは出来ませんが、唯一銀行のカードローンを持っていれば、収入の存在しない主婦の方でも申し込む事が可能なのです。全ての銀行は銀行法と言う法律の担当下におかれ、貸金業法の管理下に置かれてなく、総量規制の影響の及ばない領域となっているからなのです。よって、主婦の方も、銀行カードローンを所持しているならば申し込むことが出来るのです。

 

しかし、貸し出し職務 においては、それぞれ独特の銀行貸し出し条件が定められており、その条件の中には「本人に収入があること」というただし書きを掲げている銀行もあり、その様な銀行には融資を申し込む事は不可能です。また、銀行が行っているカードローンの規約の中に、旦那様の同意が必要か、又は同意が不必要か、この様に条件が色々あります。無収入の主婦の方達が持っているカードローンの限度額に 付きましても、もし審査に合格したとしても残念な事に高額融資は現在基本的にしておりません。

 

限度額は、最高でも30万円が規準となり、限度額が低いのに、金利は通常最高金利が使われております。又ネット銀行においては、限度額が30万円〜800万円と言う限度額が高い銀行も有ります。限度額の高い銀行の金利は年率3.8%〜13.8%と限定されております。しかし、貸金業法の総量規制には、「配偶者貸付」という特例があるのです。「実際申し込み人が未収入でも、旦那様との合計収入が年収が3分の1以下までなれば貸付が有効」という事柄です。しかし申し訳ありませんが、現在大手の消費者金融に於いては配偶者貸付を行っている消費者金融は、現在のところ存在しません。この特例を現在行っている金融業者は皆無と言って良いでしょう。小さな消費者金融のいくつかは配偶者貸付対応の業務を行っているのが現状です。

 

消費者金融の配偶者貸付に申し込む時には、住民票など婚姻関係を証明する書類が不可欠で、本人を証明する運転免許書や配偶者の同意書を提出する事になります。又、借り入れの限度額に沿って、収入証明書の提出が必要になる時もないとは言えません。銀行のカードローンの場合は、カードローンを申請した時点ですでに銀行のキャッシュカードを持っている人には、即日融資出来ますが、反対にまだ持っていない方には、カードが到着されるまでに1週間程度時間が必要です。

主婦に関する在籍確認の有無は

主婦の私でも旦那や家族に内緒で借り入れゲット!

最後に気になるのが在籍確認の提出、つまり家族や旦那に内緒にできるかですね。主婦の中の多くは、旦那様にでも秘密で借り入れをしたいと、望んでおります。主婦の方の多くがもクレジットカードの支払いが不可能になり、考えた末カードローンを利用するケースが現在とても多くなりました。現在のカードローンに対する在籍確認はそこまでひどいものではありません。今現在、在籍確認をする場合、突然金融機関名や消費者金融を称する事は皆無と言ってよいでしょう。また、主婦は働いて居ないのですからキャッシング審査で、勤務先への在籍確認もありません。主婦の審査だけではなく、カードローンの審査の場合、どなたが申請しても、自宅に電話をかけて確認する事は絶対ありません。

 

一人暮らしで携帯電話を所持してないという人には、確かめる方法もありませんから。まあ現在その様なケースは今の時代ではありえません。通例 、本人の携帯電話に確認の電話をして完結 になります。無収入の主婦がキャッシングする場合、旦那様に固定給があると言う想定によって借り入れする事が出来ます。もし旦那様の職場に在籍確認の連絡をする場合は、その方の奥様が借り入れの申し込みをした時点で行います。旦那様に固定給があると言う事が確かめられれば貸付ができます。

 

その場合 確認する要項は、借り入れする方の旦那様が本当に申請書類に記録 した職場で所属しているかどうか、確める為の電話がかかってくる時があります。もし、申請をした業者から、旦那様の職場に電話をかけたいとと言われた場合は、直ぐに断って申請を中止して下さい。と、言うのは業者さんが電話連絡をする時は、通常貸金業者の名前は出さないで、個人名で電話をかけます。 思い当たるふしのない人からの電話は用心され、気づかれてしまいます。最悪旦那様が職場にいて、電話を取ってしまいカードローンの申請をしていることがバレテしてしまいます。

 

ご存知の様にカードローンの申し込みをすると、通常、数日経ちますとローンカードや、契約書類が郵送で自宅に到着します。しかし現在総量規制という法律がある事により、申込者本人に収入がなければ、お金を借りる事は出来ません。、それでも有り難い事に銀行運営のカードローンは特別に総量規制の法律の範囲外 となっています。よって旦那様の会社に在籍確認をする様な事はありません。どの銀行カードローンでも同じです。このルールは全銀行共通ですから安心して下さい。と、言うのは主婦としてその女性が生活していると言う事は、夫に安定収入がある事がわかっているからなのです。なぜなら妻の借り入れの件で在籍確認をすると、夫婦仲が悪くなってしまうからです。